生じる村の筆下ろし道筋

ここは方田舎のとある家屋。蝉がミンミンと五月蠅く鳴く暑い夏季の太陽、○学徒位のちっちゃい少年が独自、マミー近辺歳の離れた綺麗な淑女を前にして緊張していた。
「(うわぁ……綺麗な人間ですなぁ。この人が私のお彼女……)」
女性は少年を見てにこやかにほほ笑む。
「拓海ちゃんね。課題は聞いてるわ。私は千尋よ、ヨロシクね」
「は、はい。ちひろ様……」
恥ずかしさの空き、俯いて仕舞う拓海。そういった少年を手厚く抱える千尋。
「ストレスしてるの?平安よ……優しくして見せる♡」
「……」
――少年の村には昔から広がる習慣がある。それは、一定の年令に達した男性と大人の淑女で浴びる“筆おろし”。
誰にしてもらうかは抽選で設ける物事になってあり、拓海の彼女は千尋となったのだ。
それを旦那の友達のたけがいうには、
「いいな~。あの古いうちのお姉さんでしょ。とてつもない巨乳なんだよ。そんなん!」
「へ、へえ」
「俺なんてよっちゃんちの奥様だよ。キレイだけどいたたまれないよなぁ」
――友達の言う通り、千尋の心は旦那のマミーよりもでっかく、見るだけでそそられるでかさだった。
「ふむふむ、おっ○い機に罹る?」
旦那の眼差しに気づいたのか、千尋は外套をめくり、胸を見せてくれた。
誌作品は男子向け作品で、少年が年上のお姉さんとエッチしまくるお伝え。
おねショタモノですね。ひぐま屋様の同人作品だ。
個人的にも大好きな作品だわ。少年が素晴らしく、それでいてお姉さんもキレイできめ細かい。それでいてお互いに盛ん過ぎず、和姦なのも良いですね。これぞおねショタ!と当てはまる代物でしょう。
そして千尋様の大きな魅力の一つは巨乳。筆おろし講じるに当たり、最初はおっ○いから入って行く事になるんですが……おっ○いへの愛撫風景が手広く、おっ○いマニアには堪りませんね。
無駄口シーンや脇役などもサッパリ無く、どんどん二人が終始エッチしまくるディテールなのも望ましい!しかも一度だけでなく、2,3度エッチしますので、見応えあり。ヌくのに好都合と言えます。
誌作品を気に言ったら、善悪他の同筆者様の作品もどうしても見てみるといいかもしれません。最近はおねショタメインの群れ様なので。
誌作品は全編全部色で、課題の分量も手広くなく、適度な分量なので、能率も良いですね!安価でいい大人戯画を楽しむ物事こそ、男性の本懐と言えるでしょう!
誌作品はDMMアニメなどでデリバリーまん中だ!
取り敢えず、善悪一度、試料を読んでみてください!後悔しない質だ!
浮気調査